世界のルールを変える、若き革命家をつくる

僕らは常に「何者か」であることを求められます。家では子供・親・妻・夫。学校では生徒・同級生・先輩・後輩・先生。何かしらの居場所の中で常に何者かでいることで、安心できるということもあるのだと思います。でも、社会との結び目が解け、そんな居場所が失われたとしたら。もしくは、常に何者であることを窮屈に感じるのだとしたら。

 

人にはいくつかの居場所があることで初めて、安心して挑戦ができると言われています。言い換えると、安心して失敗できる、失敗しても帰ってこられる場所がある、ということなのかもしれません。地域や学校、会社、そして家族といったコミュニティにおける繋がりが希薄化していく中で、安心して発言や行動ができ、新しいことにチャレンジできる居場所は、この日本にいったいどのくらいあるのでしょうか。

 

だから、現実世界とは異なるレイヤーに、学校でもなく会社でもない、新しい居場所をみんなと共に作ろうと思います。それが「やさしいかくめいラボ」です。新しい共同体を作り、繋がり、日本中でやさしい革命を起こす。それがラボの目指すところです。

 

やさしいかくめいとは何でしょうか。それはある人にとっては新しい学びや刺激を得て自分を変えることなのかもしれません。ある人にとっては課題解決を通じて社会を良くすることなのかもしれません。ある人にとっては原体験をバネにして起業することなのかもしれません。また、ある人にとっては過疎が進む自分の地域で持続可能なコミュニティを作ることなのかもしれません。

 

小さな1歩を踏み出す、小さな声をあげるということこそが、「やさしいかくめい」なのだと思います。ある革命家はこう言いました。「若いこと、貧しいこと、無名であること。これが革命家の3大条件だ」と。ラボではそんな、日本中の若き革命家たちが、日々たくさんのチャンネルで発言や議論、交流をしています。

 

  • 自ら居場所を作る

  • まずは与える

  • 他者に優しく

  • 考える事をやめない

  • ​どんどん失敗しよう

 

ラボではこの行動指針を大切にしています。この考え方の下、小さくとも声をあげたい革命家はぜひラボに入ってください。そして共に居場所を作り、やさしいかくめいを同時多発的に日本で起こし、2020年以降の世界のルールを変えていきましょう。2020年以降の世界を生きるのは、僕たちなのだから。2000人近くのメンバーが、クローズドコミュニティの中であなたを待っています。参加申請はこちらから。

​​主催 / 家入一真

Copyright (C) 2018 やさしいかくめいラボ. All rights reserved.